だるい話NEO

引っ越したらしく

昔読んだ小説に

確かショートショート系だったと思うんだけど。技術が発展して学生があらゆるところに小型のコンピューターを仕込んでいてそれを使って不正行為している。みたいな感じで始まる。で、実はそれが試験官の愚痴だった。その愚痴っている文章に対して試験官の心境を答えなさいみたいなオチだった。つまりカンニングのしようがない問題でした不正行為をしてる受験生ざまぁwwwwwwみたいなオチだった



そんな受験問題を用意しろと思ったんじゃなくて単に小型の電子機器を使って他力本願で答えを聞き出そうとしたってところがちょっと似てるかもねって思っただけなんだけどね