だるい話NEO

引っ越したらしく

夢日記


どこかの競馬場にいた。どことなく陸上競技場を改修したような感じの場所だった。G3相当のレースがあってたらしい。競馬場を出ようとした時中年の男性が溺愛ママの子がやるとはなぁと言っていた。勝った馬の母親はそうとう子供を溺愛するらしい。


場所は変わってどこかの大学。おそらくはゼミ室。ゼミ室に入ったらもうゼミが始まってたらしく皆がレジュメを読んでいる。そしてなぜか部屋の奥にはもう一つ別の机と椅子があって小学校3,4年生あたりの女子と女性教師がいた。図工の課題の絵について話しているようだ。とりあえず着席してレジュメを手に取った。そしたらなぜかそのレジュメは数学の問題を中心とした入試の問題だった。文系科目が苦手な自分は解く気すら起きず問題を見つめていた。そんな中で国語の問題が書かれていた紙があって問題文には日本語と韓国語は似てる所があるけど日本語と同じだと意味が違う韓国語もあるみたいな文章が書かれていた。なんかつい最近見たトリビアを思い出した。


また場所が変わって実家の近くの個人経営の小さなスーパーにある自販機の前にいた。サントリーとキリンの世界のKitchenシリーズを足して2で割ったような飲み物が多かった。黄色いレモンティーみたいな飲み物があったからそれを飲もうと思ったら生姜紅茶かよと思って買うのをやめようとしたらガーリックティーと書いてあった。現実でも自分はジンジャーとガーリックを混同する。ここで急に便意が来たのでトイレに入ったら和式だったのであきらめた。この便意は本物だった。


結局便意と眠気が戦って眠気が便意に負けて起きた。腹が痛くて起きるっていうのはちょくちょくある。あまりいい目覚めではない。