だるい話NEO

引っ越したらしく

舟ネタ



まずはこの動画を見て欲しい。上瀧会長曰く「競艇を面白くするには進入から」と言ってるんだけどこの言葉がどうしてももっと面白くしようという前向きな感じじゃなくてつまらないからせめてそれをごまかすためにはどうするかっていう感じがするのよね。


なぜかというと他の公営競技と違ってスタートしてすぐに結果が決まってしまう上に8割がた1号艇のイン逃げで決まってしまうという欠陥性があるからそういう欠陥性をどうにかするためには進入をかき乱して空気枠の5,6が前付けしたり前付けで深インになってイン勢が凹んで展開突いて1位になって高配当連発・・・するしかないのよ。いやマジで。


新ペラ制度も外注ペラをなくすことで外注ペラが買えない選手にもチャンスを与えるっていう意味でそれまではスポットライトが当たらなかった選手が活躍することで高配当・・・みたいな感じだと思うのよね。新ペラ制度に関しては最初は不満もあったけど選手が分からしてみればペラを作るってことは非常にしんどいんだってね、それがなくなることでそれまでペラに割いていたことをレースに注げるからいいならそれでもいいかって感じかね。ただ、アワカツがペラを弄れなくなってS勝負せざるを得なくなってFが増えてしまったのでアウト屋だけは例外的に持ちペラ認めてもいいんじゃないですかね。とにかく競艇がつまらないのは1周1マークで逃げで終わるが多いからそこをなんとか。


正直抜きが増えるのが面白いんだろうけどそれはもう無理だろうし。それとも周回数をバラバラにしてみるとか?まぁ多分周回誤認が増えるからやりそうにもないけど。結局2周目3周目なんてあってないようなものだからね。極端なこと言えばやってもやらなくても結果は一緒。


こう書いてみると艇界の未来は暗い・・・のか?