読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるい話NEO

引っ越したらしく

ドラフト(セ)


書くのが遅れてしまった。今年のドラフトについて感想のような何かでも


・巨

1位の小林に関しては守備ではそれなりに評判は会ったけど打撃があれだからということもあったので1位になるほどのポテンシャルはないくせに1位じゃないと入らないと駄々をこねてた困ったちゃんくらいにしか思ってない。なので守備専の自衛隊野郎が入ってきてよくて控え悪くて市川にかわる形での二軍の頭数合わせ要員だろう、と思ったり。というか市川さっさとやめろ。ポジションの特殊性だけでのうのうと現役続けて世代交代を妨げる癌みたいな選手は見てて苛々してくる。


2位以降は高卒で別に即戦力を必要としてない、現状戦力に余裕があるところアピールな気がしなくもない。高卒野手は当たればすごいんだろうけど坂本以外だれか最近抜きん出てすごいの誰かいたっけ状態だし。そういえば30にも満たない盗塁数で盗塁王取った彼も高卒だったっけか。投手は宮國とかカッサとかじゃない方の競艇選手と名前が被る今村とか育ててるから野手よりかは期待できるかなと。


まとめると戦力に余裕を感じさせられるドラフトだったなと。


・神

1位を2度外して去年の藤浪を引き当てたスパイチュの豪運はどこへ行ったのやら。あ、去年で全て使い果たしてしまったのか(察し)さて、そのような経緯で引き当てたのが岩貞なんだけど今年のドラフトで取った投手がみんな左投手なんだよね。阪神ってそんなに左投手枯渇してたっけ?と思った。いかんせん同じセに広島という左腕砂漠があるだけにそこまでして左腕ばっかり狙わんでもと思ったけど左は多いことに越したことはないっていう考えなんだろうかね。確かに強いチームって先発中継ぎに二人は左がいるしね。巨人だったら内海杉内と山口新高木のように。そう考えると阪神は左の先発がノウミサンしかいないから左の先発が二人いたら心強い。つまり結論を言えば岩田はオワコン


野手では3位で陽川を指名。この陽川ってのが巨人の育成を拒否した猛虎魂あふれる漢で実に阪神にぴったしといえるのかも知れない。ただ育てられるかどうかは別だけど。阪神が最後にそこそこまでに育てられた生え抜きの和製大砲って誰まで遡らなきゃいけないのっていうレベルだしねぇ。下手すりゃ濱中まで遡らなきゃいけないんじゃないの?伊藤森田も冴えないし。そして野手ではもう一人梅野も指名。よく4位まで梅野が残ってたなという印象。てっきり梅野は地元密着のソフトバンクが早々に指名するものとばかり思っていたので意外だった。まだ細川山崎でどうにかなる、山下は成長できるという判断なんだろうか。しかし去年日高を呼んでドラフトであずにゃん指名しといてまた捕手、野手育成能力に問題があるんじゃないのかしらね。掛布の手腕にでも注目しますかね。


まとめると左の先発を増やしたいというのが狙いだったんだなって感じかしらね



・広

確かに大瀬良引き当てられたのはプラスだしすごいことだと思う。大瀬良の大学時代の実績からしても大したもんだからそういう結果を残してきた投手が来るというのはいいことには違いない。ただそれ以外が全くもって糞としか言いようのない指名。言ってしまえば去年の負け組指名に毛が生えた程度。


具体的にどこが悪いかというと大きく分けて2つ。1つ目は左投手の指名がなかったということ。もう広島は左投手を育てる気力がないという意思表示なのだろうか。左投手が先発リリーフ問わずかなりいない。頑張ったのは久本くらいしかいない。ちなみに今年の勝ち星を挙げた左投手は久本3勝、川内1勝、中村1勝、菊地原1勝という惨憺たるもの。篠田赤ハンカチに至ってはオワコン化だし。それにもかかわらず左投手は指名なし。今いる左投手でどうにかなる根拠は何かあるのか、とてもそうとは思えない。なんとかしようというやる気が見えないということはもう左投手に関しては諦めたとみなす。


2つ目は捕手を指名しなかったということ。今年のドラフトは捕手の注目選手が多かったにも関わらず捕手を指名しなかったのは広島だけ。ソフトバンクでも育成では指名してる。捕手を指名しなかったってことは広島の捕手事情はそんなに余裕なのかというとそういう訳ではない。石原は今年で34歳、倉にいたっては38歳である。そして巨人市川と被るポジションの特殊性だけでチームにはびこって世代交代を妨げる癌枠で白濱とかいうドクズがまだいる。長打力に定評があるとされている会澤とかいうのもいたけどどすこいから顔面死球食らったことが影響したかどうかは知らないけど今年は打率.188と低迷。若手の磯村が二軍でやっと打率をにしたのがせめてもの救いなのかもしれないけど現状ではそんなものは焼け石に水、苦境であることには変わりない。にもかかわらずそれを新しい戦力でどうにかしようという意志はなく現状戦力でどうにかしようという無謀さ。


まとめると大瀬良以外はまたしても負け組ドラフト



・中

1位鈴木は例によって地域密着型だなと。去年の福谷といい手堅い中日らしさみたいなのが出てたような気がする。欲を言えばドラフトじゃないけど朝倉をクビにしてくれたら若手育成に対する意気込みの現れが見えてよかったんだけど。ただそれ以上によかったのがやっと捕手の世代交代に腰を上げたってことじゃないかと思ったり。


今年中日は前から言ってるポジションの特殊性(中略)癌の前田を引退、コーチにさせることで捕手の枠を一つ開けてそこに桂をぶっこんできた。これで平均年齢が下がって中堅どころもうかうかできなくなるし桂にしたって捕手の世代交代に問題を抱えてる球団だからチャンスがすぐ来る可能性もあることを考えたらやる気になるんじゃないかと。欲を言えば高橋周以外で若手内野手が、というか高齢の井端に引導渡せるようなそういう選手が現れてきて欲しかったかなと思うと内野手をもっと取ってもよかったのかなとも思わなくもない。かわりに中田とかいう体格詐欺の糞豚あたりをクビにしてさ。あとは鈴木以外変わった名前が多いなってことかしらね。


まとめると地元選手と捕手という要所は抑えたかなって感じのドラフトかな、と



・De

まず最初に言いたいのが松井を「引き当てなくて」良かったということ。くどいようだけど「引き当てて」良かったじゃなくって「引き当てなくて」よかった。理由はまぁ感づいている人も結構いるだろうけどベイスに投手育成能力がないこと、球場が投手不利で育ちにくいことが挙げられる。つまりベイスに入ったらもう終わってたってこととも言える。具体的な証拠としては現況を挙げるだけでも十分なんだけど特に高卒投手が育たないということを強調するために三浦以降高卒投手で2桁勝った投手がいないことを追加しておく。詳しくはここなんか見たらいいんじゃないかな


さてそんな中でベイスが1位で引き当てたのが柿田。即戦力型の社会人投手ということで今年の井納や三嶋なんかを考えると実に賢明な判断じゃなかったかと思う。大学や社会人である程度完成した投手ならベイスでもなんとかなるわけだし。この球団は高卒投手だとどうしても先発とかそういったポジション関係なしに
育ちにくいからね山口くらいで出来すぎの域だし阿斗里みたいに使い物になるまで時間を要するパターンがたまにあって大抵は失敗に終わる。それを考えたら下手な鉄砲も数打ちゃ当たる理論で大社大量獲得の方がまだいい。


とはいえ投手難だから投手中心に走るのはいいんだけど野手をもう少し取ってもよかったんじゃないかとは思った。特に中村の高齢化と梶谷の外野コンバートでと手薄になりそうな三遊間。三塁は筒香はもう期待してないから宮崎の守備難解消が最適解のような気はするんだけど候補が宮崎だけっていうのは寂しい。遊撃は梶谷に失格の烙印が押された今山崎が一番近いんだけど打撃があと少し。山崎の打力が向上すれば定着しそうなんだろうけど尻叩きのためにも対抗馬がいてもいいのかなとは。とりあえず今回のドラフトで内野手がいないのは白崎に対する期待度の現れと捉えておきますかね。あと捕手で嶺井を取ったけど細山田松下がクビで鶴岡高齢化となるとトレードか何かでの補充も考えたほうがいいかも知れない。


まとめると投手難という現況を分かってるだけ高卒投手をが外れてよかったな、と



・ヤ


いかんせん怪我怪我怪我で戦力が危うく、特に今年館山が上手く作動しなかったのが今年の最下位の原因だと考えると1位に先発型を指名できたのはよかったのかと。ただ小川が活躍しただけに杉浦にかかる過度の期待が心配だなと思ったり。てか戸田の施設改善だったりトレーナーだったりそういったところも・・・まぁいいや。そういや無能荒木がクビになったんだっけか?これで壊される可能性が減ればいいんだけど。


2位に西浦を指名したのは川端のスペに対する不信感の現れってところかしらね。あとは荒木あたりに見切りをつけるためとか。いずれにせよ川端はスペのままで宮本が引退し田中が劣化した現状じゃ二三遊守れる選手は欲しいからねぇ。6位藤井はもしかしたら相川が中日入りした時のための保険みたいなものだろうか。しかし名前がヤクルトってか猛虎魂を感じる名前ではあるけど。あとは左投手を2人指名して衰えの来ている石川だったり違反球投手赤川が使い物にならなくなって左投手が必要になったと判断した結果なんだろうかね。


まとめると投手難を意識した感じかな、と