だるい話NEO

引っ越したらしく

ジャウー

コトダマンというゲームをやってみたら面白かった。

 

前に口先番長というしりとりゲームはやっていた。口先番長はしりとりをぷよぷよみたいに連鎖でつなげて戦うゲームで長い言葉を出したら攻撃力が上がる…みたいなゲームだった。「スコットランド」「琉球」「イオンモール」みたいな単語を辞書登録させてそこからスコットランド語、スコットランドヤードみたいに派生をさせて使いまわして連鎖を伸ばすみたいなテクニックがあった。

 

コトダマンもそういうゲームかなと思ったら似ているところはあったけど口先番長とは違った*1

 

説明が下手だから上手く表現できないんだけどコトダマンは長さは7文字までだから長さはそこまで意識しなくてもいい、どこに文字を入れるかも自由に選べる、しりとりじゃないから「ん」で終わってもペナルティはない、(例えがあれだけど)テーブルマークの中に「ブルマ」が入っているみたいなノリで一つの単語に複数の単語が入っていると有利という要素がある…うん、だいぶ違うな

 

そんなコトダマンを16日の夜から17日の夜までほぼほぼやっていて早々に限界のようなものがちらついてきたところで一段落ついた。まぁすぐに辞めはしないけど中毒性はすごかった。他のゲームや飯洗濯等も忘れてずっとやっていた。体力が切れても他のプレイヤーを救援できる機能のおかげで体力回復待ちの間もできるからほぼほぼ永久機関だった。

 

今はようやっと落ち着いたのでこれからは時間を守って片手間でやれたらいいかなといった感じで

 

 

*1:似ていると思ったところは口先番長は三文字以上じゃないと連鎖が認定されないけどコトダマンは三文字じゃないとスキルが発動しないところ